最新のお知らせ

ロナウドの言葉で学ぶポルトガル語(1日集中講義) 7月28日(土) 

『ロナウドの言葉で学ぶポルトガル語』
(1日集中講義)

7月28日(土) 13:30~16:30(途中休憩あり、13:00より開場します)

徳間書店イベントスペース(目黒セントラルスクエア内)
※溜池山王教室ではありませんのでご注意ください!

ずっとサッカーを、そして誰よりもクリスティアーノ・ロナウド選手を追い続けてきたスポーツ・ジャーナリスト、竹澤哲先生によるポルトガル語の特別講義です。

竹澤先生はこれまで、イスパニカで「サッカーの言葉」や「スポーツ紙Marcaでサッカーを読もう!」、また今年のW杯開催中は「スペインから見るワールドカップ2018」といった人気クラスを担当されてきました。

今回は、4月に『クリスティアーノ・ロナウド--生きる神話、知られざる素顔』(徳間書店)を上梓されたのを記念して、ポルトガル語の1日集中講義を行っていただきます。

上智大学のポルトガル語学科を卒業された後、スポーツ・ジャーナリストとしてサッカーというフィールドで活動されてきた竹澤先生。

15年前にロナウドと出会ったのは「言葉」のプロである通訳者としての立場であり、ロナウドの第一印象として残っているのも18歳だった彼ののその「言葉」だったと、書籍の「まえがき」で語られています。また、巻頭カラーでは、写真とともに、ロナウドの人間性を象徴するような言葉がいくつか紹介されています。

もともとのポルトガル語ではこれらがどのような言葉だったのか、ロナウドが実際にインタビューでどんな単語を使って語っていたのか、本国ポルトガルでは彼はどのように報じられていたのか、など、ロナウドやサッカーにまつわる文章や音声を教材に、ポルトガル語を学べます。

ポルトガル語のレベルは問いません。サッカーやロナウドが大好きな方はもちろん、ジャーナリズムや通訳といった仕事内容に興味ある方もぜひご参加ください。

【参加費】
3000円(税込)
※ただし『クリスティアーノ・ロナウド』をお持ちの方に限らせていただきます。
※書籍は、当日ご入場時にお買い上げいただくことも可能です。(税込1728円)

※お申込み、お問合せは
イスパニカ im@hispanica.org Tel. 03-5544-8335 (担当:本橋)まで。

【講師プロフィール】
竹澤哲(たけざわ さとし)
上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒。その後ポルトガルとスペインに8年間滞在、帰国後はライターとしてサッカーを中心に取材、雑誌Number などでスペイン・ブラジルの記事を執筆している。またWOWOWの「リーガ・エスパニョーラ」放送のブレーン業務も務める。

 

HispánicaのTwitter

PAGE TOP