最新のお知らせ

スペイン巡礼についてのお話の会(10月13日)

◆◇◆ スペイン巡礼についてのお話の会 ◆◇◆

ビジネスで中南米に長く駐在され、現在は日本とスペインの友好のために多くの活動をされている問屋正勝さんのお話をお聞きします。

問屋さんは、2007年から10年以上にわたって、毎年必ずカミノ・デ・サンティアゴを歩いてきました。巡礼の道を歩くだけでなく、日本からの渡航やその準備のコーディネート、世界中からの旅行者に対する現地での支援、日西の自治体への協力やボランティア活動なども行っています。

スペイン語またはスペイン文化に興味がある方、サンティアゴ巡礼に興味のある方、いつか行きたいと思っておられる方、ぜひご参加ください。また、退職後の生き方を考えたい方にも、とてもお薦めのイベントです。

~~~問屋正勝さんより~~~

スペインの北西端にあるサンティアゴ大聖堂を目指す巡礼路には1000年以上の歴史があります。

私は定年退職直後の2007年より、毎年スペインに3ヶ月間滞在してこの巡礼路を歩き、巡礼宿でのボランティア活動や日本との交流のサポートをしてきました。今年はグラナダからサンティアゴさらにその先のフニステーレまでの1,300kmを歩きました。

この10年間で歩いた距離は10,000kmを超えます。歩きながら見たもの、考えたこと、そしてこれから何をしたいのか、ということをお伝えしたいと思います。

◎プロフィール
大阪府出身横浜市在住。

2006年:定年退職。特定非営利活動法人「MICかながわ」スペイン語医療通訳登録。(医療通訳経験は通算1,000回以上。)

2007年:第1回スペイン・サンティアゴ巡礼と巡礼路のボランティア活動を始める。

2008年:毎年スペインを訪問するNPO法人「遍路とおもてなしのネットワーク」の交流事業をコーディネーターとしてサポート開始。
2014年:茗渓会(筑波大学同窓会)賞を受賞(スペイン語医療通訳活動)。

2015年:四国四県・ガリシア州間協力協定における交流コーディネーター役として、交渉の窓口をつとめる。横浜スペイン協会設立25周年のレオン県桜植樹現地コーディネートを行う。

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆スペイン巡礼についてのお話の会
10月13日(土)15:00~17:00
■講師:問屋正勝さん
■参加費:1500円(税込)
※ソフトドリンク付き
■定員:12名(先着順)
要予約:03-5544-8335 または tameike@hispanica.org まで
~~~~~~~~~~~~~~~~

メールマガジン配信中

メールマガジン「イスパニカ中南米情報」 の配信登録はこちら
メールマガジン「イスパニカ中南米情報」を配信しております。 「イスパニカ中南米情報」は、毎週金曜日、その週の『中南米経済速報』と『CRONICA』(レギュラー版)の記事タイトルをお伝えしています。 登録は無料です。

HispánicaのTwitter

PAGE TOP