開講中のクラス

スペイン語からの伊・葡・仏・カタルーニャ語超入門講座言葉の歴史と初歩的な知識が学べます

■日時
毎週月曜日 19:00~20:30(90分×8回)
(2020年)1/27, 2/3, 2/10, 2/17, 3/2, 3/9, 3/16, 3/23

■内容(予定)
1/27と2/3:イタリア語
2/10と2/17: ポルトガル語
3/2と3/9:フランス語
3/16と3/23:カタルーニャ語

■受講料
34,320円(教材費・税込)

■定員
6名

===

「世界文化遺産」クラスでも人気のホワン・カルロス講師は多言語話者です。スペイン語とフランス語の両方を母語として育ち、さらに数カ国語をマスター。もちろん日本語も堪能です。

「言葉」に対する興味と好奇心、向上心が尽きないからこそ、その面白さと勉強のコツを伝えることができる、ホワン・カルロス先生ならではのクラスです。スペイン語の基礎知識がある皆さんに、イタリア語、ポルトガル語、フランス語、カタルーニャ語への扉を開きます。

ラテン語から生まれたそれぞれの言葉の歴史と相互関係について解説し、発音や文法のごく初歩的な知識を伝えます。

スペイン語とイタリア語は似ていると言われるけれど、実際どういうところが似ているの?
スペイン語が読めればポルトガル語も読めるって本当?
スペイン語をもとにフランス語を習得するには?
カタルーニャ語を理解できるとスペインで見える景色が変わる!?

新しい言葉を学んでみたい方、スペイン語に限らず言葉に興味がある方、ヨーロッパが大好きな方、いろいろな外国語にふれてみたい方、ぜひご参加ください。(講義は基本的に日本語で行います。)

講師
Juan Carlos Kirk(ホワン・カルロス・ケルク)
2010年フランスのメーヌ大学卒業。フランスやスペイン、インドなどでも教育に携わり、日本では大学、専門学校などでの講師経験や、翻訳あるいは通訳としての経験も豊富。スペイン語、フランス語、日本語のほか、イタリア語、カタルーニャ語、ポルトガル語、オランダ語を上級程度話す。4ヶ国のヨーロッパ言語で最上級のC2級、日本語能力試験の1級、そして世界遺産検定の1級保持者。

(写真はカメラ兄さん写真ACからお借りしました)

受講のお申込

・全てのクラスはコース制です。
・開講しているクラスについては見学が可能です(30分程度)。
・日割り計算にてコース途中からのご受講も可能です。
・イスパニカを初めて受講される方は、入会金11,000円(税込)が必要です。

クラス一覧

  1. 【通信】はじめてのスペイン語

    abcから丁寧に

  2. 【通信】2度目のスペイン語

    文法を再確認して着実に

  3. 【通信】新聞を読もう

    時事のスペイン語に強くなる

  4. 【通信】スペイン語文章講座

    正確で豊かな表現力を

  5. 【通信】検定対策講座

    スペイン語検定合格!

  6. 【通信】通訳ガイド講座

    スペイン語でおもてなし

  7. 【通信】童話で学ぶスペイン語

    楽しみながら学ぶ

  8. 【通信】児童文学翻訳講座

    翻訳家を目指す

  9. 【通信】物語を読もう

    読破は自信につながります

  10. 【通信】リーディング講座

    翻訳家への第一歩

  11. スペイン語会話初中級(火)

    確実にステップアップ

  12. スペイン語会話初中級(土)

    話せるようになりたいなら

  13. スペイン語会話中級

    DELE B2 合格を目指すなら

  14. スペイン語からの伊・葡・仏・カタルーニャ語超入門講座

    言葉の歴史と初歩的な知識が学べます

  15. 荻内勝之先生と読む『ドン・キホーテ』

    訳者じきじきの講義です

  16. スペインワインをおいしく飲むためのスペイン語

    ラベルやメニューを読めるように

  17. スペイン語で知る・語る世界文化遺産

    読み書きと会話をこのテーマで

  18. 長文読解と作文で身につけるスペイン語文法

    目からウロコの落ちる文法クラス

  19. スペイン語通訳 基礎

    スペイン語通訳を志す全ての人に

  20. 絵画が語るスペイン

    美術から読み解く生活と思想

  21. 郷土料理が語るスペイン

    材料、調理方法から各地の気候、歴史まで

  22. プライベートレッスン

    オーダーメイドのレッスンです

  23. 企業向け スペイン語研修

    ビジネススキルとしての語学習得を

  24. 講座の企画や通信添削のリニューアルなど、最新情報はこちらから

    メールマガジン<溜池山王通信>のご案内

PAGE TOP